軽貨物運送業の仕事のデメリット

軽貨物運送業の仕事のデメリット

しかし、軽貨物運送業のお仕事には、デメリットも存在しています。

 

まず、仕事をする上で、必要となる、ガソリンや車両のメンテナンス費用などは全て自己負担となってしまうことを知っておく必要があります。軽貨物運送業のお仕事は、請負で働くことになり、個人事業主のお仕事になります。このため、これらの経費は全て自己負担となり、自分自身で購入したりすることが必要となります。

 

軽自動車もその一つですが、自分で購入し、乗り続けるためのメンテナンスをマメに行う必要があるといえるでしょう。

 

また、軽貨物運送業の仕事のデメリットとして、社会保険料なども、全て自己負担となります。サラリーマンとして、運送業者に直接雇用されている場合には、会社から給与が負担され、社会保険料も会社が負担をしてくれますが、軽貨物運送業で個人事業主として働く場合、毎月のように、健康保険料や、年金などは自分自身で支払う必要があります。

 

また、軽貨物運送業を開業した場合、会社員と違い、有給などはありませんので、自分自身で休みを取得する必要があります。

 

このため、もしも体調を崩してしまったり、何か事情があって休みたいと言うことになったとしても、代わりの人材はいませんので、自分自身で代行を頼むなどの工夫をする必要があります。

 

会社員として働くのではないので、よほどのことがなければ、自由に休むことが出来ませんので、こういったことは覚悟しておく必要があるといえるでしょう。